パソコンの買い替える前に知っておきたい!データの転送方法

Windows転送ツールを使用する方法

Windowsのパソコンなら、バージョンアップでのパソコンのデータ転送は簡単にできます。Windowsの場合なら、Windows転送ツールを使えばできます。パソコンの設定やファイルをまとめて、新しいパソコンにコピーする機能です。転送ツールが自動で起動するケーブルを使えば、すぐに転送されます。このツールを使って外付けハードディスクなどにデータを入れてから、新しいパソコンに移行する方法も可能です。ユーザーアカウントの設定やインターネットのお気に入りに登録してあるサイトの情報などが転送できます。

手動でバックアップをとる方法

手動でバックアップをとってからデータを転送する方法は、外付けハードディスクやUSBメモリーなどを使って行います。これらのメディアに、データを直接コピーして、新しいパソコンにそのメディアからデータをコピーすればいいのです。手動でバックアップをとる方法は、転送するデータを自分で選びたいときに向いています。自動でデータ転送をやると、新しいパソコンに不要なデータも転送されてしまうので、そうなると転送後の処理が面倒になります。

有料のソフトを使う方法

先ほどの転送ツールを使った方法や手動でバックアップをとる方法は簡単にできますが、それでも安全面に不安がある人はいるのではないでしょうか。そんな人におすすめな方法として、有料の専用ソフトを使用した方法があります。新旧それぞれのパソコンにソフトをインストールして、ケーブルをつないで転送します。画面上のボタンをクリックすれば、簡単かつ安全に自動でデータが転送されます。ソフトによっては、動かなくなったパソコンからの転送も可能なものもあり、その種類は数多くあります。

大容量ファイルの送信の場合、送信エラーになる場合があります。その場合は、圧縮システムを利用し、ファイルを圧縮することで、相手に送信する事が可能になる場合があります。