仕事の生産性を上げる?ちょっとした工夫3つ

睡眠時間はしっかりとる

仕事が終わったら友達と食事に行ったり、スポーツジムに通ったり、習い事をしたり、やりたいことは沢山ありますよね。家にそのまま帰って夜遅くまでゲームしていたりする人もいるでしょう。とにかく好きなこと、楽しいことはやめられないと思います。やりたいことはしっかりやったほうがいいですが、疲れを次の日に残してしまうと、疲労は気づかないうちに蓄積されてしまいますよ。必ず十分な睡眠時間をとることは仕事の生産性を上げるためにとても必要なことです。

残業はほどほどにが正しいかもしれない

どうしても期限が決まっていてやらなければいけない仕事以外は、残業をしないように気をつけてみましょう。仕事は自分がどんなにしっかりやっていたとしても、自分一人で回っているわけではありません。自分の仕事が終わった後も何となく会社に残ってしまう習慣のある人には必ず予定外の仕事が追加でまわってくることがありますよ。勤務時間中は適度に休憩をとりながら自分の仕事に集中して、終わったらすぐに退社する習慣を身に付けることは長い目でみると仕事の生産性があがるはずです。

休みの予定を最初に決めてしまおう

目の前の仕事に全力で取り組むことは大切ですが、大切なことを忘れていませんか。仕事をするために生きているのか、生きていくための仕事なのか、忙しいと忘れてしまいがちですよね。適度に休みをとって好きなことを思いっきり楽しむ余裕が結果的に仕事の生産性を上げることになりますよ。長期の休暇の予定を最初に決めてしまうと、それまで頑張ろうというモチベーションにもつながりますし、それまでにこの仕事を終わらせてしまおうという好循環につながりますよ。

ワークフローを導入することで仕事をスムーズに行うことができるようになります。仕事の初心者でも動けるようになるのです。